任意売却とは

任意売却とは

任意売却とは住宅ローンが払えない状況、または住宅ローを払えない状況になりそうな場合、
あるいは、競売手続きに入ってしまったとき、
債権者である金融機関と合意の上、抵当権を解除してもらい、
マイホームの売却手続きをしていくことです。

 

住宅ローン返済中にマイホームを売却するには

本来、不動産(マイホームや投資物件)を売却する場合には、
住宅ローンなどの残債務を全額返済し、
不動産登記されている抵当権や差押などを解除しなければ、
売却することは困難です。

 

しかしながら、昨今 残債務(住宅ローンの残り)全額返済での売却が困難な為、
どう対処してよいかわからず、競売になるまで放置してしまう方々が多いのが現状です。

 

また、住宅ローン借入先に住宅ローンの組み換え・リスケジューリングなど相談しても、
年齢・収入・ご自宅の資産価値などを理由に、
月々の支払いを減額・猶予していただくことはなかなか難しくなっております。

 

債権者は強制的に競売で資金を回収する

マイホーム購入後、例えば、離婚・会社倒産・リストラや収入減などで、
住宅ローンなどの支払いが困難になり、3か月から6か月滞納してしまうと、
裁判所が強制的に借入れの担保となっている不動産を競売で売却し、
売却金額を債権者の融資金回収にあてます。

 

競売による落札価格は市場価格の6〜7割ぐらいが一般的です。
また、近隣にも「不動産が競売にかけられている」ことが知られてしまう可能性があります。

 

債権者も債務者ともに競売より任意売却が得

競売の場合、落札されるまでの期間として競売手続きから3か月以上かかり、
落札価格も一般市場相場価格の6割から7割程度になる事が多いため、
債権者としては、時間と資金回収率を考えた場合、
できれば競売を回避して、一般市場相場価格にてなるべく早く売却したいと考えています。

 

また、債務者(所有者)としても、少しでも高く売れると残債務は減ります。
それだけでなく、
所有者の意に反して、強制執行される「競売手続き」よりは、
自分の意思で売却する任意売却の方が精神的にもずっと楽です。